| リンク | アクセスマップ |
院長より 病院紹介 診療内容について 院長・理事長紹介 乳腺健康アドバイス
トップへ
 
トップ  ○乳腺健康アドバイス++乳がんと女性ホルモン
乳腺健康アドバイス
>>乳腺健康アドバイス一覧へ戻る

しこりの増大曲線

□■□[Vol.14] 乳がんと女性ホルモン□■□
 乳がんはホルモン依存性のあるがんです。従ってホルモン分泌状態の変化の大きい閉経期に多くできます。年齢を5歳間隔に区分しますと、46歳から54歳の間が32%を占めます。この時期には硬い乳房が軟らかくなり、比較的早期の乳がんが多く発見され、予後も良好です。これに引き換え30歳代以下の乳がんは10%と発見は少ないのですが、エストロゲン値も高い時期であり、乳房も硬いため発見が遅れがちとなり、予後も不良なことが多いのです。
 一方高齢者では、70歳以上は15%と結構多いのです。ホルモン補充療法をやっている人以外では、エストロゲン値も低く、発育はゆっくりしていて経過も良好ですが、腫瘍径が3センチを超すと、免疫力の低下などから急激に進行し、予後は不良となります。
 
戻る
伊藤外科乳腺クリニック 〒780-0085 高知県高知市札場12-10
TEL:088-883-6868 / FAX:088-883-6879