| リンク | アクセスマップ |
院長より 病院紹介 診療内容について 院長・理事長紹介 乳腺健康アドバイス
トップへ
 
トップ  ○乳腺健康アドバイス++乳がん発育速度と検診期間
乳腺健康アドバイス
>>乳腺健康アドバイス一覧へ戻る

しこりの増大曲線

□■□[Vol.7] 乳がん発育速度と検診期間□■□
 乳房にしこりがありながら、何等かの理由でそのまま経過観察となり、その後手術を受けられた100余例の乳がんについて発育速度を調べました。これは腫瘍倍増時間といい、1個の細胞が2個になるのにかかる時間が元になって決まります。
  腫瘍倍増時間が最も短いものは1ヶ月、最も長いものは27ヶ月であり、平均では6ヶ月でした。このことから、5ミリのしこりが2センチに成るのにかかる時間は最低7ヶ月、最長14年であり、平均は2年半です。また、2センチが5センチに成るには最短5ヶ月、最長9年であり、平均では1年9ヶ月かかります。腫瘍倍増時間の平均速度を図に示しました。
  このことから早期がんで発見するためには、1センチにならないと解らない触診では、1年毎の検診が必要であり、5ミリでも解かるマンモグラフィでは、2年毎の検診でも充分ということになりますが、中には発育速度の速いものもありますので、自己触診の併用が不可欠となります。
 
戻る
伊藤外科乳腺クリニック 〒780-0085 高知県高知市札場12-10
TEL:088-883-6868 / FAX:088-883-6879